試走編練習編に引き続き「ツールド沖縄」に出場したレポートを報告します。
今回は、レース当日の報告となります。
コースの概要を知りたい方は、試走編をご覧ください。

走ったコースは50kmカテゴリです。
コース図はこちら↓
ルート全体


レース会場に到着!準備!
当日、日が昇らない時間帯に友人に会場まで輸送してもらいました。
レースの出走時間は早朝7時半ごろでしたので6時に会場入り。

しかし、すでに駐車場が埋まり始めており、駐車場探しに時間がとられてしまいました。
出走準備を始められたのは6時20分ごろ。

車に積んだロードを降ろして、ホイールを取り付け、ブレーキ、ディレイラ―の調整確認して・・・タイヤに空気を入れるとき事件が発生。
当時、気圧メーター付きの空気入れを持っていなかった私は、空気入れに気合を入れ過ぎタイヤをバーストさせてしまったのです。
しかも予備チューブを持ってくるのを忘れているヌケサクっぷり。
すぐに大会のテクニカルサービスに駆け込み修理をしていただきました。
その節はご迷惑をおかけしました・・・
出走前にかなりバタバタして時間が過ぎ、ついにはアップも出来ず、本番を迎えることになりました。
しかも一番遅れて出走の列に並んだため、最後尾スタートとなりました。

(本気で勝ちを狙うなら前の方に位置取らないとダメです!)

レーススタート!
アップができないままスタート列の最後尾に並んだブログ主・・・
一応スタートまで時間があったので、その場でストレッチをせっせと始めました。
周りの人は「何やってんだこいつ・・・」と思っていたかもしれません。

一通りストレッチが終わった頃に、ついにスタートの時間がやってきました。
号砲と共に一斉スタート!
と思いきや、かなりの人数の列の最後尾に並んでいるため列が動き出すまでに10秒弱ほどのタイムラグがありました。

ようやく動きだした頃、集団はかなり縦に長く伸びていました。
集団の先頭がかなりのハイスピードでスタートダッシュを掛けていたのです。

集団にも付いてこられないようなレベルの選手を振るい落とすためのスタートダッシュです。

長く伸びた集団で中切れが発生し、後方に置いて行かれていました。
私のレースはスタートから5㎞地点で終わりました。
前回、試走をしてワクワクしながら戦略を立てていた私はいったい・・・


レース終了

中切れで置いて行かれた時点で集団復帰は絶望的となりました。
先頭集団はAVE40km/hで巡行、ブログ主は単独AVE32km/hでしたので100%追いつけない

ですが、せっかく出場したレース・・・出来るだけ早く完走する事に目的を切り替えました。


自分なりにレースを楽しむ
11月の沖縄は強風が吹き荒れていますので、空気抵抗を軽減しつつ黙々と踏んでいきます。
途中、集団から遅れた選手がポツポツと落ちてきます。
走ってるうちに足が温まってきたブログ主は足を使い切って落ちてきた選手を抜いて徐々に順位を上げていく事が出来ました。

本部の海岸沿いを頭を低くして風を避けながら淡々と進みます。
先頭から落ちてきた選手がブログ主のスリップを利用して着いてきますが気にせずペースを保ちます。

本部の坂に到達しました。
ブログ主は体重が軽いため(当時52kg)坂は得な方ですので、本部の坂で私のスリップを利用して付いてきた選手を千切ることに成功しました。

さらに本部の坂を下った後の今帰仁村の細かいアップダウンは、普段の練習コースによく似た地形だったので、ハイペースを保つことができ順位アップに成功。

今帰仁村中盤にある50kmコースで最も斜度のある今帰仁の坂でも順位アップに成功。

ここまで、順調に順位アップしてきましたが、今帰仁の坂を下ってイオン坂に向かう途中の入江をぐるっと回る今帰仁の長い平坦路では、スピードの無いブログ主は徐々に順位を下げていきます。

今帰仁の平坦路を走るうちに10人くらいに抜かれてイオン坂に到達しました。
イオン坂の途中で一人の選手を抜いて順位アップした勢いで坂を下りゴールに向かいます。
坂の途中で先ほど追い抜いた選手が追い付いてきて、ゴール前1kmまでお互いけん制状態になりました。
残り1㎞でブログ主はロングスパートを敢行しましたが、
スリップを利用され、残り200mでかわされ一つ順位を下げてフィニッシュしました。

タイムは1時間35分、平均時速は約32km/hでした。
順位は150人中70位くらいでした。


                    
結局、落車でリタイヤした選手以外は完走したらしく、2時間以内に50㎞走り切れば足切りは無いようです。
あらゆるところに反省点がある初レースとなりましたが、遅れたなりにレースを楽しむことはできました。
開始5㎞地点で遅れた選手のレースレポートでしたが、何かのお役に立てれば幸いです。


←前回:試走編