ブログ主が以前乗っていた650cのロードバイクについてお話します。

m27429059193_1
650cパナチタンロードバイク



650cとは?
650cとはロードバイクのホイールの規格のことです。
一般的なロードバイクは700cと比べて、650cは一回り小さいホイールです。

650cのリム直径は571mm
700cのリム直径は622mm

でホイールを立てたときの高さが50mm(5cm)も違います。

650cのメリット

ホイールの径が小さいと何がメリットなのか?
650cのメリットとして各所でよく言われているのは、
  • 回転モーメントが小さくなり漕ぎ出しが軽くなる
  • ホイールが軽量で全体の軽量化になる
  • 背が小さい人でも適正なポジションが出せる
の3つです。

ポジションの適正化については、以下の図を見ていただくとイメージしやすいかもです。
(ちょっと大げさに書いてますがご了承ください)
新規キャンバス
図に示したように、同じフレームサイズ(同じシートチューブ長)でも、ホイールが小さくなると、ヘッドチューブの位置を下げられるのが分かると思います。
このように背が小さい人でもサドルとハンドルの落差があるロードに乗れるのです。


650cのデメリット

世間で言われている650cのデメリットは、
  • 650c規格が絶滅危惧種
  • 小径ホイールは乗り心地が悪い
  • 極端に小さいフレームは安定性が悪い
といったところ。

650cは絶滅寸前の規格ですので、お店でも取り扱っていないこともあって、出先でパンクした場合に少し困ります。
仲間と一緒に走っていても、ほとんどの人は700cですので、パーツの貸し借りができません。

650c規格のホイールとタイヤの選択肢が少ないというのは、本当に困りもので、
日本で手に入る完組ホイールは、
  • 中古のトライアスロン用のカーボンディープリムホイール
  • BOMAの650cホイール
  • Pro Lite - Garda DS 650C
くらいしかないんじゃないかな…
自分でホイールが組めるなら選択肢は若干は広がると思います。

でもどっちにしろ、今どきの最新ホイールは全く使えないという事になります。

タイヤは
  • パナレーサー
  • Continental(コンチネンタル) 
  • Vittoria(ビットリア) 
  • gommitalia(ゴミイタリア)
  • SCHWALBE(シュワルベ)
等々の有名タイヤメーカーは650cのタイヤも供給してくれています。

あと「CHAO YANG(チャオヤン)」という中国の聞いたことないメーカーが見つかったのですが…
怖いもの見たさで付けてみたい気持ちはありますね(笑。 

私はパナレーサーの「クローザープラス F623-CLSP-B」を使っていましたが、こちらのタイヤ…軽くて安いのは大変なメリットなのですが、代わりにサイドが破れやすくて耐久性に難ありなのが残念です。4本買ったうちの2本は半年くらいで交換する羽目に(泣。
(アマゾンの☆2のレビュー書いたの私です。ゴメンナサイ)





650cのデメリットの乗り心地に関しては、ホイールとタイヤの選択や、空気圧の調整によっていくらでも改善できる要素ですので、650cだから必ずしも乗り心地が悪いわけではありません。

安定性に関するデメリットも、メーカーがしっかり作ったフレームでしたら「フォークのオフセットを大きくする」「ヘッドを寝かす」などの調整でロードとしての性能が破綻しないように整合性をとっているので、結局は慣れの問題だと思います。


結局650cは 良いの?悪いの?

結局、良いも、悪いもなく、単にその人の乗り方によって選べる選択肢の一つという事だと思います。乗る目的によって、ロードバイクを選んだり、クロスバイクだったり、マウンテンバイクだったりするのと同じです。

ガチガチにレースを志すならちょっと無理してでも700cに乗るのが良いと思いますし、希少性とスタイルを重視するなら650cもアリだと思います。

ブログ主は希少性に惹かれるところがあるので、650cロードバイクは大変に満足しています。
ちょっと手がかかるところもまた面白いですしね(笑。

ではでは